飛行機での交通手段

島国の日本の中でも他県と距離が離れている沖縄は、もっともポピュラーな交通手段が飛行機となります。
東京から沖縄までの距離はおよそ1600kmと札幌から鹿児島までと同じ距離なのです。
この長い飛行時間はすなわち運賃にも反映され、「沖縄の旅行は高い!」と言われ続けてきました。
確かに距離換算で言えば仕方のないでしょうし、限られた交通手段ですから利用者に選択の余地な無かったことも理由の一つだったのです。

 

国内全体を二大航空が幅を利かせている時代には、この仕方のない時代が続いていましたが、アジアの中でも香港・シンガポール・韓国が世界の航空会社の参入で格安航空が常態化したことで、日本でも徐々に受け入れていく動きが出て、ついには独占的二社以外に運行する格安航空会社が発足することになったのです。

 

旅歩ドットコムでも当初は既存の航空運賃よりも40%〜50%安い半額料金が主流でしたが、参入企業が増えたことから二社の正規運賃の価格見直しがおき、事実上低価格路線となっていきます。
また、これに伴って宿泊パックを供えたツアーの料金が魅力ある価格帯となったことで、格安航空機料金と比較しても遜色ないプランが打ち出さ、利用客にとっては選択する幅が広がってきたのです。

 

そこで格安航空会社は対抗するための措置として、経費節減を加速し更に金額の改定を進め、また後続参入の航空会社は「無駄なものはすべて省く」と航空業界に携わる者がもつ職業としてのステータスを取り払い、格安料金を確立していくこととなったのです。

 

沖縄ではレンタカーによる観光を必要とするかのように、各地に点在する世界遺産が登録されたことでフリープランを楽しみたいとのニーズが強くなり、従来までのリゾート型滞在から観光型の滞在へと変化していったのです。

 

遠く離れた沖縄が近郊と同程度の料金で楽しむことができるようになり選択肢が増えたことになったのです。
格安航空チケット(https://airticket-mall.com/)のみを購入することができますし、宿泊パックを選択することもできますし、また往復別々の発着地でも同じような料金で行くことができるようになりました。

 

利用客にとっては良いこと尽くめのようですが、やはり低価格なりの制約もあり、旅慣れない利用者や小さなお子さんが同行する場合には、不便を感じたり割高感を感じたりすることもあります。
格安航空を利用する場合には料金価格だけではなく、自分にとってベストな交通手段なのかも見極めて選択されると良いでしょう。

更新情報